カウンセラーの平凡日記(記録用)


by qtlycaakdg

利回りの提示見送り=公的年金、次期中期目標−厚労省(時事通信)

 厚生労働省は26日、公的年金積立金を運用する独立行政法人「年金積立金管理運用」(GPIF)に関する2010年度から5年間の次期中期目標案をまとめた。年金制度の抜本的見直しを今後予定していることなどから、利回りの数値目標の提示を見送った。
 公的年金の運用では、厚労省が中期目標を提示し、GPIFがこれに沿って基本ポートフォリオ(資産構成割合)を決定する。利回り目標の提示見送りは異例だが、ポートフォリオに大きな変更はない見通しだ。
 3月末に期限を迎える現行中期目標は、賃金上昇率を除いた実質的な運用利回りが1.1%を上回るよう求めている。これを受け、GPIFは基本ポートフォリオを国内債券67%、国内株式11%、外国債券8%、外国株式9%、短期資産5%と規定。厚労省幹部は同日、次期中期目標に対応したポートフォリオに関して「現行を基本とすることを想定している」と強調した。 

【関連ニュース】
公的年金、運用益1兆7046億円=外国株が寄与
年金運用の見直し必要=原口総務相
「有資格を知らず」3.5万人=年金の未受給者調査で
「年金通帳」交付を見送り=来年度予算を削減
公的年金、運用益1兆2119億円=外国株上昇で-7〜9月期

<訃報>長田庄一さん87歳=元東京相和銀行会長(毎日新聞)
太平洋沿岸に1〜3メートルの津波の恐れ チリ大地震(産経新聞)
<レタスカード>36億円詐取 容疑の元社長ら逮捕(毎日新聞)
「橋下新党」旗揚げへ=統一選で、府・市再編争点に−大阪(時事通信)
関西ペイント、河盛専務が社長に就任へ(レスポンス)
[PR]
by qtlycaakdg | 2010-03-02 15:21