カウンセラーの平凡日記(記録用)


by qtlycaakdg

<京大病院>殺人未遂容疑も視野に 高濃度インスリン検出で(毎日新聞)

 京都大病院で昨年11月、入院中の女性患者(当時94歳)の血液から高濃度のインスリンが検出された問題で、女性が最初の低血糖発作を機に個室に移った翌日とその次の日にも発作が起き、集中治療室に移動後収まったことが、病院側の話で分かった。

 一般病室は基本的に人の出入りが自由なため、京都府警は何者かがインスリンを投与した可能性が高いとみて、殺人未遂や傷害容疑を視野に入れ捜査している。

 京大病院によると、女性患者は09年11月6日、心不全で入院。同14日午後に突然重い発作を起こした。ブドウ糖投与で容体は安定したが、4人部屋から個室に移った後の15、16の両日も同様の発作を起こし、17日に集中治療室に入った。

 精密検査の結果、インスリンを異常分泌する疾患とはみられなかったため、病院は外部からの投与の可能性があると判断した。【広瀬登、田辺佑介】

【関連ニュース】
京大病院:90代患者から高濃度インスリン検出
殺人未遂:車で警官に突進…容疑者を再逮捕 愛知県警
元看護師殺人未遂:時効前、遺留品から50歳代の男浮上
元看護師殺人未遂:時効成立、夫「逃げ得許さない」 大阪

爪切りで有罪判決、「傷害事件ではない」―看護管理学会が意見書(医療介護CBニュース)
日本中の患者を“中医協委員”に(医療介護CBニュース)
バレエ 15歳・佐々木さん3位に入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)
外務省、ロシアに厳重抗議=駐日大使、射撃の確認避ける(時事通信)
強盗殺人容疑で女を再逮捕=電器店経営者に睡眠剤−鳥取連続不審死・県警(時事通信)
[PR]
by qtlycaakdg | 2010-02-06 16:07